薄毛を防ぐための「栄養」について

薄毛を防ぐための「栄養」について

髪の毛が薄毛になるということは、髪の毛に必要な栄養が不足していることが原因として挙げられます。

 

そもそも髪の毛は、頭皮にある毛細血管を通じて栄養分を摂取しています。

 

摂取したエネルギーは、そのまま髪の毛が伸びていくために必要な栄養分して使われるようになっています。

 

ですが、人間の体内で栄養が不足した場合は、臓器に優先して栄養素が送られてしまいます。

 

そのため、髪へ向かう栄養分が減らされてしまい、髪の毛だけが栄養失調となることで、薄毛や枝毛などの頭髪トラブルを引き起こす事になります。

 

特に中年期の男性は、栄養分の不足に加えて、ホルモンバランスが乱れることで髪の毛に向かう栄養素はさらに減少し、それでいて発毛のスピードも格段に減少してしまいます。

 

ですから、薄毛を防ぐのであれば、健康的な食生活を心がけなくてはいけません。

 

食べ物に気を使って、1日3食、栄養のことを考えてバランスのよい食事をとりましょう。

 

特に薄毛防止に効く栄養としては、育毛や発毛に必要とされるビタミンA・Bや、それに発毛を促進する鉄分と亜鉛などのミネラル質です。

 

とくに体内で不足しがちな亜鉛を摂取したい場合は、牛肉やレバー、それに卵や牛乳などの動物性たんぱく質を摂取しましょう。

 

なかなか食事で髪に必要な栄養が確保できない時には育毛サプリメントという方法もあります。

 

育毛サプリメント「ぐんぐん」は評判もいいのでレビューなど参考にしてみましょう。

 

 

 

 


inserted by FC2 system